革靴

J.M.ウエストン ゴルフのケア

GWが終わったと思ったら急に暑くなって25度以上の日が連続で続いている。天気予報では一旦22~23度ぐらいまで落ち着いてしばらくはそういった状態、となっているけれどどうなることやら・・・。しかしこの週末の強い太陽の日差しを利用して、ホットカーペットとか毛布とかの冬に使ってきた物の天日干しを行った。それらを押し入れに仕舞う前に一度は太陽光にじっくり当てておきたいと思っていたので、この週末の晴れの夏日はいい機会となった。天日干しがどれくらい殺菌効果があるのかはわからないけど。

そして6月の梅雨入り前に一度しておこうと思っていた靴の掃除をおこなった。靴の掃除といっても一斉にメンテするのは面倒に感じるタチなので、メンテは1日につきせいぜい2足という習慣になっている。

J.M.ウエストン ゴルフ グレインレザー

僕には足馴染みが良くて、ウエストンのゴルフは計3足持っている。そのうち黒のゴルフはこの前、軽くメンテ済み。

ウエストンゴルフ1
オイルドレザー系靴のメンテ

5月「令和」に入って、日中の最高温度が20度を超えるのが普通の気候となってきた。向こう1週間の天気予報を見てももう10度台の日が無いため、これからは20度以上が最高温度の基本ラインとなるのだろう。そこ ...

続きを見る

今回のゴルフは「ゴールデンブラウン グレインカーフ」という名前のもの。この靴を買った頃はまだデュ・プイはウエストン傘下だったので、このシボ革はチェルケスレザーなのだろうか。

 普段の靴のケアについて 

普段の靴のケアについては基本的に次の2点だけ。「ブラシでほこり払い」と「布切れで軽く乾ぶき」で、布切れは古くなったTシャツをハサミで適当な大きさに切ったものを使用している。汚れがついた時は水を絞った布切れで拭くことがほとんどで「汚れ落としクリーナー」は原則使っていない。水ぶきで汚れが落ちない場合のみクリーナーで対応となる。そもそも汚れには水で十分だろうと思うし、クリーナーの成分で革の風合いが損なわれるような気がしてなんとなく敬遠している。

 靴クリームについて 

靴クリームについては、現在「サフィールノワールのクレム1925」のほぼ一択に落ち着いている。そこそこ、あれやこれや試したのだけれどこの油性クリームが一番使いやすいという印象だ。クリームを塗った後にブラシと乾ぶきで出るツヤが、落ち着いた感じで気に入っている。同じサフィールのポリッシュ用(ビーズワックスポリッシュ)も持っているのだけれどほとんど使っていないのが現状。クレム1925はナチュラルと数種類の色クリームで、4~5回履くごとにナチュラル色使用がメンテの基本となっている。

ゴルフ(チェルケスレザー)のケア

さて、当ゴルフのケア。「ブラシでほこり払い」と「布切れで軽く乾ぶき」はいつもと同じで2~3分で済ませた。クリームについては、ウエストンでは純正クリームでライトブラウン系を推薦しているようだけれど、僕は赤みがかった色が好きなのでコニャック色で補色している。今回はナチュラル色ではなくてコニャック色の再登板となった。クレム1925は油性なので革に浸透して水を防ぐ効果も期待できるだろう。

クレム1925

クレム1925-1

コニャック色

クレム1925-2

ビーズワックスの特徴なのか、クレム1925の製法のゆえなのか、革に浸透していってじんわりと留まっているような印象で補色もしっかりと効いている感じがする。

クリームを塗った後

ウエストンゴルフ1

ちなみにオリジナルはこんな感じだ
~J.M.ウエストンより~

weston golf ゴールデンブラウングレインカーフ

実物は写真よりももっと「タン色」「キャメル色」っぽい印象だった。もちろんそのオリジナルの色も良い色だけれど、コニャック色を塗って「赤みがかったブラウン」という一層自分好みの感じになった。

クリームを塗ってしばらく待った後は豚毛ブラシでブラッシング、そして乾ぶきで終了。ここらは定番のケア手順だ。

ウエストンゴルフ2

サイドから

ウエストンゴルフ3

トウ部分

ウエストンゴルフ4

トウのサイド

ウエストンゴルフ5

ヒールあたり

ウエストンゴルフ6

リッジウエイソール

ウエストンゴルフ7

ゴルフの「ライニング」はどこのものなのだろう。情報がないからわからないけれど、アッパーと同じくデュプイのものなのだろうか。汗の吸収がすごく良いような気がする。そして踵部分のコルクが良い感じで沈んでいくので履く回数が増すにつれてフィット感も上がってくる。そしてこのグレインのゴルフはロシアンゴルフより当たりが柔らか。タテヨコ同サイズだけれど、グレインとロシアンそれぞれに感じが違う。甲乙なしでどちらも良い靴だ。ケアしながらずっと履いていきたい。

 

おわり

 

 

-革靴
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.