食べ物

タルタルソース ~ エビフライ以外を試す

タルタルソースが、たとえばエビフライを代表としたパン粉ベースのフライ物と相性抜群なのはよくわかっていることなので、それ以外の「おかず」とどうなのか試してみることにした。パン粉と同グループの小麦粉系は、イメージとして「合わないということはない」と思う。味が今一だとしても「これはこれであり」ぐらいではなかろうか。

スーパーマーケットの惣菜コーナーで買ってきたものは「鶏皮の唐揚げ」「おつまみピリ辛チキン」そして「自家製やきぶた」の3点。外で食べる唐揚げは調味料としてスライスされたレモンがついていることがあるけれど、マヨネーズ系でもいけそうに思う。さて、どうなることやら・・・

前回:タルタルソース~エビフライとうずら串を食べる

 

 鶏皮の唐揚げ

鶏皮のから揚げ1商品名には「鶏皮」と書かれていたけれど、見た目は砂肝っぽいのだが・・・さてどうだろう。まず最初に何もつけず素のままを食べてみる。食感はコリコリしていて砂肝のようなんだが普通に美味しかった。

鶏皮のから揚げ2

さて次はタルタルソースをつけて食べてみる。鶏肉の味と酸味が混ざって独自の風味になった。正直な感想は「まあまあ」といったところ。だがしかし、タルタルソースよりはマヨネーズの方が合っているかも。

鶏皮のから揚げ3

この後、具だくさんタルタルをつけて食べてみたのだけれど個人的には「うーん」といった感想だった。鶏肉の味と具だくさんが打ち消しあって、風味が薄まってしまった気がする。トータルで判定すれば「素のまま」が一番おいしく感じた。もちろんこれは個人的な好みの差だ。

おつまみ ピリ辛チキン

おつまみチキン1「おつまみ」とあったから「酒のあて」的な位置づけだろう。部位としては「手羽中」だろうと思う。それを片栗粉と小麦粉で揚げたもの。こちらも最初はそのままを食べると、名前のとおりピリ辛で辛い物好きには好評そう。

おつまみチキン2

タルタルソースをつけて食す。ソースが辛味を中和させてくれて、僕としては素のままよりはこちらの方が好みだった。辛い物が苦手なわけではないのだけれど、このピリ辛チキンは辛味が肉汁や肉本来の味を消してしまっている印象だった。

具だくさんタルタルをつけての感想は「まったりしすぎ」。具だくさんタルタルは和え物系に向いているソースなのだろうと思う。3つを振り返っての順位は、タルタルソース > 素のまま > 具だくさんタルタルとなった。

自家製やきぶた

最後は唐揚げ系ではなくて「やきぶた」。やきぶたといっても味にも優劣はあるわけだけれど、今回はスーパーで売られていた「自家製」なるものでお試しとなる。

スーパー自家製やきぶた1

まず1枚とって食べると「普通の味」。僕はグルメでもなんでもないのだけれど、自分の舌が「普通」という感想だった。美味くもなく不味くもなく、普通。それではいってみよう。

タルタルソース

スーパー自家製やきぶた2

具だくさんタルタル

スーパー自家製やきぶた3

「うーん、これはイマイチ」どちらも口に入れてほどなくそう感じた。「わざわざタルタルソースを塗らなくてもいいんじゃ?」舌もそういった反応だ。「肉のタレ」を使った方がはるかに美味しいだろう。当たり前っちゃあ当たり前の結果となった。

 感想

そもそもタルタルソースというのはパンチの効いた(効かせる)調味料ではない。それとは逆に「まろやかさ」を味わうものだろう。だからエビフライ等のパン粉系フライに対しては、その衣(コロモ)の油みをちょうど中和させる働きで「良く合うソース」になっているように思う。食べすぎて胸焼けするような量のフライでも、タルタルソースをつければ胃に難なく入っていくような気がするのだった。

おわり

 

 

-食べ物
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.