革靴以外

シューズストレッチャーを使用する

靴の革延ばしのためにシューズストレッチャーを購入した。それまでは「指が当たって痛い部分」に革軟化クリームを塗って対応していたけれど、足に「魚の目」ができるに至って「ストレッチャーで拡張」することにした。

靴にこすれている箇所は、左足小指の関節と付け根の部分。これはサイズ選びのミスではなくて、右足よりも左足の方が若干サイズが大きいという個人的な事情によるものだと思っている。右足の方はサイズ的にちょうどよくて何ら問題なく履けている。

【魚の目関連記事】

魚の目貼り薬5
「魚の目」で皮膚科行き(経過)2

先週、「魚の目」を診てもらいに皮膚科へ行ってから1週間ほど経過した。処方された貼り薬を毎日〃取り替えて、ようやく「魚の目」が周囲の皮膚から浮き始めてきたので記録しておきたい。参考:前回の皮膚科へ行った ...

続きを見る

シューズストレッチャー

周辺のリアル靴店舗では扱っていなかったので、ネット通販サイトでサイズを確認して購入となった。価格2,000円台。

シューズトレッチャー1

プラスチック素材なので洗うことが可能

シューズトレッチャー2

本体以外に同封されていたのはメモ紙サイズの取扱説明書と、おまけに靴ベラと靴袋がついていた。

取扱説明書

シューズトレッチャー4

金属製の靴ベラ

シューズトレッチャー3

あと、ピンポイントで拡張したい箇所にとりつけるパーツ類もついていた。片足につき甲部分と両サイド用で計5点。

シューズトレッチャー5

取り付け方法は、本体についている穴にポコンとはめ込むだけ。取り外しはいたって簡単だ。僕の場合、右足小指がこすれているのでだいたいこんなのだろうと拡張パーツをセットする。

シューズトレッチャー6

 

J.M.ウエストンゴルフにセットする

それでは靴にセットしていこう。とりあえずストレッチャーを靴内に入れて「前後調整ネジ」を回していく。これは先ずヒールに到達するまで縦サイズを伸ばしていくことになる。

シューズトレッチャー7

ヒールに当たるまで伸ばしたところ。ストレッチャーを靴のつま先部分まで当てたいので、ここからはゆっくりとネジを回していく。

シューズトレッチャー9

「ギチッ、ギチッ」と革が鳴く音がする。靴の外側から指で押さえて「このあたりだろう」というところで前後調整を止める。縦を強くしすぎると踵部分をダメにしてしまう恐れがあるので注意。

シューズトレッチャー8

続いて、これがキモの横拡張のセットに取りかかる。ストレッチャー取っ手部分のU字に曲がったハンドルをゆっくりと回転させていく。すぐにつま先部分が開き始めて、革がミシミシと音をたてた。「最初なのでこれぐらいか」というところで止めておいた。小指内側あたりに取り付けたピンポイント拡張パーツが革を押し出しているのがわかる。

シューズトレッチャー10

2つの拡張パーツが押しているところが、2つ突起の山になっている。やりすぎなのか?

シューズトレッチャー11

全体の姿

シューズトレッチャー12

 これからの予定

ネット上では「セットを終えたら2~3日放置」とか見かけるのでそれに倣ってやってみようと思う。実際のところ、革靴の横幅拡張は素材の硬さによってそれぞれだろう。この靴は肉厚気味で硬い革なので効果のほどはどうだろうか。何度でも調整できるので、この1回で伸びすぎてしまわなければそれでいい。とにかく、魚の目を作ってしまった箇所なので小指がこすれない程度まで拡張しなければと思う。

おわり

 

 

-革靴以外
-,

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.