いろいろ缶詰

いわし缶詰を食べればいいじゃない

気温がここのところ、日中でも15度少しという日が続いて缶詰も触ると冷たさを感じるようになってきている。缶が冷たく感じるのならば、本来ならば温めて食べるのがベスト。缶ごと水と共に炊いて温かくする、いわゆる「湯煎」した状態で食べるのが理想だと思う。ただ、このサイトでは手を加えずにそのままを味わうという食べ方なので、冷たさでだんだんと缶詰が味気なく感じるようになってくる恐れがある。保存食として考えた場合、湯を使うのならばカップ麺系の方がスープで体を温めてくれるし缶詰よりもヌードルものに軍配は上がるだろう。なので寒さが厳しくなれば缶詰から他の保存系食品にメインの場は移るかもしれない。

今回は3種類のいわし缶詰を食べた。キョクヨー、マルハニチロ、ニッスイとそれぞれ価格帯が違うものだった。

キョクヨー いわし蒲焼

僕が買った値段は1缶105円(税込)。1番安い缶だ。特徴は原産国がタイ国となっていた。

キョクヨーいわし蒲焼1

開缶

キョクヨーいわし蒲焼2

蒲焼らしく濃い色のタレ

キョクヨーいわし蒲焼3

缶を開けた時から、なんともいえない香りが鼻を刺激する。蒲焼といっても味の印象は「みそ蒲焼」というのが僕の印象。この味つけが舌にドーンときているのでいわしの味はあまりしないのだった。低カロリーな一缶。

キョクヨーいわし蒲焼 固形60g
カロリー111kcal:たんぱく質 12.1g 脂質 5.0g 炭水化物 4.3g 食塩相当量 0.9g

 

マルハ いわし蒲焼

マルハの缶詰のシンボルマークといっていいのか、定式幕(じょうしきまく)の3色のライン模様が目立つ。値段は1缶159円(税込)で固形量80g。

マルハいわし蒲焼1

開缶

マルハいわし蒲焼2

一片を取ると、おつゆたっぷり

マルハいわし蒲焼3

崩れるほど身がやわらか

マルハいわし蒲焼4

缶を開けると液汁が多くて、いわしの身がどっぷりと浸っていた。だからだろうか身がすごくやわからくて、ゆっくりと箸でつままないと千切れてしまうほどだった。口にすると先ず軽く酸味を感じる。そしてほどよい甘さが、そしていわしの味がやって来た。酸味と甘味といわし味の3種のブレンドが絶妙だ!これは非常に僕好みの味付けになっていた。成分に「しょうがパウダー」が記載されているから、変な臭みが消えているのかもしれない。DHA1,936mgとEPA1,212mgで計3,148mg。

マルハいわし蒲焼 固形80g
カロリー233kcal:たんぱく質 15.8g 脂質 14.6g 炭水化物 9.7g 食塩相当量 1.2g

 

ニッスイ いわし味噌煮

缶に外箱をつけて「EPA+DHA配合」を謳っている。機能性表示食品の表示もある。値段1缶213円(税込)で固形量70gだった。

ニッスイいわし味噌煮1

缶を引き抜いて並べる

ニッスイいわし味噌煮2

缶はきつめにしまっている

ニッスイいわし味噌煮3

おつゆたっぷり

ニッスイいわし味噌煮4

しっかりと丸ごと

ニッスイいわし味噌煮5

缶には頭と尻尾を落としただけのようなごろんとした身が二切れ入っていた。味噌煮とあるけれどあまり味噌味は感じないような作りではないだろうか。僕の舌には非常に上品な味に感じる。こちらの缶も「しょうが」が使ってあって嫌な魚臭さが消えている。魚の缶詰の調味料として「しょうが」が重要な役割をしているのだろうか。ジューシーで骨も柔らかく食べられるのがグッド。DHAとEPAで900mgの表示。数値で比べれば、上のマルハいわし蒲焼缶の方が3,148mgとEPA+DHA量は多いのだった。

ニッスイいわし味噌煮 固形70g
カロリー119~311kcal:たんぱく質 15.0g 脂質 2.9~26.0g 炭水化物 6.6g 食塩相当量 1.4g

 

 

-いろいろ缶詰
-,

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.