食べ物

コンビニとスーパーのサラダ

血液検査の結果、血糖値HbA1cで高い数値が出たのを受けて、野菜を意識的に摂らなければと思うようになった。野菜摂取と血糖値HbA1cの関連性はよくわからないけれど、野菜である程度腹を膨らませれば炭水化物の量も減らせるはず・・・と血糖値HbA1c低下への間接的な効果を期待してのこと。しかし思い返してみれば、普段食べている野菜といえば「メインのおかずの皿に盛りつける千切りキャベツ」と、時々作る「野菜炒め」程度で日常的にしっかり野菜を食べるということはしていないのだ。苦手な野菜はなくどれも美味しいと感じているのだが、一般的に野菜はどうしても「何かの添え物」という位置づけのものなのだった。しかしこれを機にちょっと野菜を意識的に食べようかと思う。なので今回、コンビニとスーパーでサラダ、そして野菜ジュースを買ってそれぞれ食べ比べ?をしてみることにした。

コンビニでサラダを買う

今までコンビニでサラダを買うなんてことはなかったのだが今回初めての購入となった。コンビニはファミリーマートで。ローソンでもセブンイレブンでも価格帯は似たようなものだろうと思う。さて、サラダが並んでいるエリアを見るとサラダもいろいろな種類が売られていた。中でもベーシックな「野菜だけのサラダ」が一番安くて100円台後半(170円ぐらい)、そして「具材がトッピングされたサラダ」類が200円、「海藻を使ったサラダ」が一番高くで250円程度となっていた。ドレッシングは別売りで20~30円。その中でとりあえず選んだのは「蒸し鶏のサラダ」というもの。

ファミマの蒸し鶏のサラダ

ファミリーマートのサラダ

蓋を開ける(青じそドレッシングを並べて)

ファミリーマートのサラダ2

値段は「198円+ドレッシング20円+税」で計240円ぐらい。「サラダ=おかずの付け合わせ」ということでこんなところといえばこんなところか。栄養成分も親切にも「総カロリー68Kcal、たんぱく質7.4g、脂質2.5g、炭水化物4.1g、塩分相当量0.4g」と表示されていた。味はサラダです。

スーパーでサラダを買う

スーパーはイオン系で購入。経営母体が違うとサラダの種類もいろいろだと思うけれど、スーパーのサラダの一例として買ってみた。スーパーだけあってサラダのサイズ(ボリューム)や種類も豊富にあった。その中で「値引きシール」が貼られているものがあったのでそれをチョイスした。

20%引きのシール付き

スーパーのサラダ1

定価は298円+税で約322円

スーパーのサラダ2

「ざくさくロメインレタスと厚切りベーコンのシーザーサラダ」でドレッシングが同封されている。

スーパーのサラダ3

開封。結構なボリューム

スーパーのサラダ4

こちらは、原材料の記載はあっても栄養成分表の表記はなかった。サラダ一つ一つに個体差があるということなのだろうか。しかしこれは「食べで」があって「しっかりと野菜を食べるぞ」というボリュームのサラダだった。腹持ちもいいように感じる。

野菜ジュースも買ってみる

野菜ジュースもいろいろ出ているし、手軽に野菜成分をとることができるのがメリット。普段全く買うことがなかった商品だけれどお試しで購入。メーカーはカゴメ製で価格は100円チョイだった。野菜ジュースの相場はこんな感じで缶コーヒーより安いぐらいの印象。

カゴメの野菜ジュース

カゴメ野菜ジュース1

栄養成分表示は細かく記載されている

カゴメ野菜ジュース2

野菜の栄養をドリンクで手軽にといった健康飲料だ。野菜ジュースはいろいろな種類が豊富に売られているけれど、これ系の飲料はもっぱら「ペットボトル入りのトマトジュース」なので「30品目の野菜ジュース」はこれが初めてとなった。味は「野菜ジュースだ」としかいえない。

コンビニとスーパーのサラダを食べ比べてみての感想

二種類のサラダを比べれば価格はスーパーのサラダの方が断然お得だろう。サイズと種類の豊富さを見ても(そもそも売り場面積が違う)スーパーだといろいろと選ぶことができるのだから。もっともコスパ第一で考えれば、スーパーでいろいろ野菜を買って自分で作るのが一番安く済む方法なのだけれども・・・。問題は利便性で、スーパーへは毎日毎日サラダを買いに通えない。一方、コンビニは何かしらチョコチョコ立ち寄れる便利さがある。結局のところ「ガッツリ食べよう」という時はスーパーで、「少し空腹をまぎらわそう」という場合はコンビニでサラダを買うのが自分にとってのベストかもしれない。とにかく、血糖値HbA1cは5.9以下に下げなければいけない。

 

おわり

 

 

-食べ物
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.