メジャーメーカー缶詰

野良猫とサバのオイル缶

スーパーへ買い物に行ってきた。そこはよく行くSCの一つで、駐車場の一番奥の隅っこでは野良猫が生活圏の一部としている。別に人なつっこくもないのだけれど、僕の車のディーゼル音には反応するのか、普段たむろしている近くに車を停めると、木々の茂みから姿を現すことがある。今までに確認している野良猫の数は全部で4匹ほどだが、車を近づけていくと2匹が近くにいたようで、垣根の奥からこちらに飛び出してきた。

ニッスイサバ油漬け5

だからといって、なついてくるわけでもなく猫たちからすればこちらは「危害を加えない人間」という程度の認識だろう。それでは猫たちは何をするか? 軽油の匂いに惹かれるのか? 車の下の匂いを嗅いだり、タイヤに体をこすりつけたりをいつもしているのだった。

タイヤたまんね~

ニッスイサバ油漬け7

回りを警戒中

ニッスイサバ油漬け6

しばらく猫の様子を見ていた後、食品類を買いにスーパーへ。そこで「オイル漬け」のサバ缶というのを棚に見つけた。今流行りのサバ缶だけれどオイル漬けという珍しさもあってお試し買いをしてみた。

鯖(さば)オイル漬け

デンマーク産で輸入販売はニッスイとなっている。缶の裏を読むと材料は、さば・植物油・食塩となっていて他の調味料は入っていないようだ。

目を引くデザイン

ニッスイサバ油漬け1

容量は固形量(さばの身)が80gで、総量は 120gとなっていた。つまり差し引き 40gは植物油ということだろうか。

ニッスイサバ油漬け2

もう少し近くから

ニッスイサバ油漬け3

先ずは、たっぷり目のオイルを飲んでみる。オイルは全然、重くもなくさっぱりとしていた。そして、さばの風味が溶け込んでいて予想以上においしかった。それから、さばの実食。

ニッスイサバ油漬け4

おいしい。さばが苦手という人を除けば、ほとんどの人が満足できる味ではないだろうか。塩以外に調味料を使っていないから、さばの風味がダイレクトに味わえる。そして当然かもしれないけれど「骨なし」で「やわらか」な食感。自分としてはかなり満足度の高い一品だ。そしてDHA・EPAの容量表示もついている。いまや青魚系にはお約束といってもいい表示だ。まあ、昔から製造販売されている「サバ・いわし缶」にはDHA・EPA容量を載せていないものもあるだろうけれど。
そしてこの缶では、DHAが 1,600mg、EPAは 800mgとなっていた。合計 2,400mgで、これ一缶で一日の摂取推奨量がとれてしまう計算だ。ちなみに値段はそれ相応で、僕が買った時は税込み218円。他のよく見る、水煮缶や味付け缶は140~150円していたから、およそ1.5倍の価格となる。単純な値段の比較ではそうなっている。ただし大きな違いは、オイル漬け缶は高カロリーだということ。水煮缶などが 200kcal以下のところを、この缶では総カロリーが470kcalとなっていてさすがはオイル缶といったところだ。「腹持ち」がよくって、空腹感を感じないのだった。ビタミン類などは野菜からとって、オイル缶をメイン1食分とすればダイエットに使えるかもしれない。

鯖(さば)オイル漬け
エネルギー470kcal 固形80g
たんぱく質18.5g 脂質43.4g 炭水化物1.2g 食塩相当量1.0g

 

おわり

 

 

-メジャーメーカー缶詰
-,

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.