健診等検査

風しんの抗体検査を受ける

国の予防接種に関する事業について、暮らしている市からお知らせが送られてきた。

 令和4年3月31日までの2年間に限り、
 風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。

ということで「風しんの抗体検査を受けましょう」という内容。「なぜ今頃、風しん?」というのが素朴な感想だったのだけれど、同封の厚生労働省のチラシによると次のような事情だった。

厚生労働省のチラシ

2020風しん抗体検査-1

風しんの予防接種は現在では公的に行われているが、公的な接種を受ける機会がなかった「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性」は抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっている。そのため該当期間に生まれた男性を定期接種の対象者とし、クーポン券を送付します。

しかし「そもそもなぜ今?」という疑問だけれどこれは「Q&A」で「妊娠早期の妊婦が風しん感染すると出生児が障害(先天性風しん症候群)を持つ恐れがあること」「大人になって感染するとまれに重篤な合併症を併発する恐れがあること」また「感染を拡大させないために社会で免疫を持つこと(集団免疫)」といった内容が挙げられている。また、風しんが流行っているという背景もあるのだろうか。僕としては小学生か中学生時代に予防接種を受けた記憶はあるのだけど、それが何の予防接種だったのかは覚えていない(結核BCGかな)。公費負担ということなので積極的に検査を受けてみることにした。

風しんの抗体検査から予防接種まで

手順としては、まず抗体検査を受診する。そしてその結果が抗体を持っていない場合に予防接種(ワクチン)を受けるという流れだ。これらの抗体接種・予防接種を受けられる医療機関は厚生労働省のHPで確認できる。

2020風しん抗体検査-2

僕の場合。厚生労働省のHPで確認して近くの内科にTELをした。その内科では「予約なしでも抗体検査はします」ということだったのでそこへ行くことにした。送られてきたクーポン券と健康保険証を持参していくと、受付で問診票を渡されて各項目を記入。抗体検査自体は血液検査なので採血するだけで時間はかからない。血圧を測った後、血を採ってそれで終了。三日後には結果が出ているからまた来てくださいとのことだった。抗体が足らなかった場合は、結果報告時に引き続き予防接種をする旨告げられた。このあたりの手続きは医療機関によってさまざまなのだろう。

2020風しん抗体検査-0

そして数日後、内科へ結果を聞きに行った。結果は「抗体価128」で十分抗体(免疫)を持っていると出た。検査方法は何種類かあるようで、僕が受けたのは「HI法(赤血球凝集抑制法)」というもの。その方法での抗体価は8が基準値となっていて、僕の128はかなり上回っているような感じがする。

一般的には、風しんワクチンを接種した人が抗体を獲得する可能性は95-97%程度といわれている。風しんワクチンは弱毒性の生ワクチンとのことだけれど、抗体を作れば一生有効かどうかは人によるのらしい。僕の場合は「抗体あり」なので予防接種をする必要はないという結果になった。お医者さんに「子供の時にワクチンを打っていたということ?」と聞いたところ「それはわからない」という答え。感染して無症状・軽症で抗体が出来ているのかもしれないし、とのこと。しかし、基準価8のところを抗体価128というのはかなり数値が多くない?という印象もある。風しんの感染者に多く接触して抗体価が大きくなったのかも・・・。まあいい、とにかく風しん抗体を持っているということでひと安心。

検査方法:HI法。抗体価128

2020風しん抗体検査-3

おわり

 

 

-健診等検査
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.