革靴

普段履き用にリーガルローファーを買う

普段履き用に重宝している靴がかなりくたびれてきたので新しく1足買うことにした。ローファーから同じくローファーへ、で古いのは引退となる。スポーツジムへ行く時など、受付で靴の脱ぎ履きが早いのでもっぱらローファーなのだった。リーガルシューズから昨年、購入時1000円引きのボーナスポイントを貰ってその期限の3月末が迫っているということや、保有している会員ポイントも使う予定がなかったので今回はそれを利用するいい機会となった。ちなみに会員ポイント数は11,706で1ポイント=1円で支払うことができる。

リーガルメンバーズポイント1

リーガルのオンラインショップを覗いてみると「GORE-TEX」をインソールに使ったローファーを見つけた。サンダル代わりの日常使いに良さそう。「REGAL Next BIZ seires」のローファーでコード番号 75WRBBとなっていた。価格は24,200円(税込)のセメント靴。2年ぐらいでの履き潰しとすれば1月あたり1000円の使用料だ。オンラインでの写真はこんな感じ。

リーガルローファーブラウン1

色は黒、ダークブラウン、ネイビーの3色展開

リーガルローファーブラウン2

この「REGAL Next BIZ seires」とは「履き心地はスニーカーっぽく、見た目はドレス」を目指したものなのらしい。しかし、さすがに初めての靴は試し履きが必要なので、いきなりオンラインで買うことはできない。ということで近場のリーガル店に現物を見にいった。

リーガルのローファー(ダークブラウン)

セメント式の合成底なので最初から柔らか。ウィズは2Eで自分にはピッタリ。これはちょっと・・・というのがなければ最初から買うつもりだったのでポイントを使って購入となった。ポイント使用は10,000P(1万円)と購入時1,000円分値引きボーナスで計11,000円のディスカウント。実費13,100円の支払いになった。リーガルオンラインでの見本写真よりも実物の方がいい感じだったのでダークブラウンを選択。

リーガルローファーゴアテックス2

箱から取り出した素の状態。ベトナム製となっていた。革はソフト。

リーガルローファーゴアテックス1

一般的な革靴と同じように、履いた後はブラッシングやサッと乾ぶきなどしてやるつもり。

リーガルローファーゴアテックス3

後ろ姿

リーガルローファーゴアテックス4

インソールにゴアテックスの表記。問題はこの履き口あたりの耐久性だろう。もともとローファーは使っていくにしたがって履き口が開きがち。特にソフト革のこの靴の場合はどういう風になっていくのだろう。

リーガルローファーゴアテックス5

靴底部分。セメンテッド方式で軽くて柔らか

リーガルローファーゴアテックス6

このトップリフト部分は交換可能となっている

リーガルローファーゴアテックス7

リーガルのローファーといえば伝統的なスコッチ型押しのJJ16型がある。グッドイヤーで日本製だけれど現在の価格は26,400円(税込)と、今回のこれと値段がさほど変わらないのだった。「値段がほぼ同じならば国産JJ16でいいのでは?」とも思ったのだけれどJJ16にこの色は無かったし。まあとにかくこの靴には4月から近場への履き回しに頑張ってもらおう。

残りのポイント:3476

リーガルメンバーズポイント2

おわり

 

 

-革靴
-

Copyright© パンがなければ , 2021 All Rights Reserved.