健診等検査

前立腺がん検査

前立腺がん検診結果

先週受けた前立腺がんの検査結果を、受診先の医院に聞きに行ってきた。結果判定は「基準範囲内」でセーフだった。

住んでいる市のがん検診の期限が2月末までとなっていたから、血液検査で判定できる前立腺がん検査を受けたのだった。
PSA基準値4.0ng/ml以下のところを、値は0.26ng/mlを示していた。

前立腺がん検査

 

「前立腺」は膀胱や尿道に隣接している男性だけの臓器だけれど、がん検査の方法はPSA検査というのが第一選択肢とされているようだ。血液で調べることができる精度の高い、そして体への負担が少なくて済む検査方法。
PSAとは、Prostate_Specific_Antigen の頭文字をとった名称で、日本語では「前立腺特異抗原」と名づけられている。これは、前立腺でだけ作られるタンパク質のことで、前立腺がんがあるとPSAの血中濃度が上昇する。だから、血液検査でこのPSAの値を見ることで、がんが出来ているかどうかを推測するという仕組みだ。このPSA値は加齢とともに上昇するとされているけれど、健康な状態ならばおおよそ「2ng/mL以下」ということなので、とりあえずはセーフと見なしていいのだろう。

その他のがん検診について

その他の重要な臓器のがん検診はここしばらく受けていないのだ。胃や大腸や肝臓など一度、受診した方がいいのはわかっているのだが・・・。胃は数年前に鼻から内視鏡を入れて検査をした。その時、ピロリ菌がいないということがわかって一安心しているのだけれど、その他の要因からでも胃がんにはかかるだろうし。肝炎ウィルス検査も受けて、こちらの方もOKだった。まあでも、がんはかかる時はかかるものだから、一度他のがん検診も受けてみたいと思う。

 

 

-健診等検査
-,

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.