食べ物

1日に必要なカロリー(エネルギー量)

「1日 必要カロリー」「1日 必要エネルギー」といったようなキーワードでネット検索をかければたくさんの説明サイトが表示される。健康に関する情報の中で、本尊的な日本医師会のHPの解説を見てみると、次の式で計算するとのこと。

推定エネルギー必要量=1.基礎代謝量×2.身体活動レベル

1.基礎代謝量は「基礎代謝基準値×体重」で求めることとなっている。私(50歳台)の場合、基礎代謝基準値は21.5。体重は59kgなので、21.5×59=1,268.5が基礎代謝量。

2.身体活動レベルはレベル1~3の3段階に分けられている。
レベル1:生活の大部分が座位、静的な活動が中心
レベル2:座位中心だが立位での作業・接客等あるいは通勤・買物・家事・軽いスポーツ等のいずれかを含む場合
レベル3:移動や立位の多い仕事への従事者、あるいはスポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合
1.で計算された基礎代謝量に、各人の日常に合わせてレベル1なら×1.5、レベル2なら×1.75、レベル3なら×2で1日の推定エネルギー必要量が計算される。

結果、私の場合は 1の1,268.5×レベル2の1.75=2,220kcalとなった。単純に1日3食摂るとして、2,220÷3=740kcalが1食の平均値となった。しかし、普段「この食事は〇〇kcal」と意識している人は、ダイエット中か病気治療中の人を除いてほとんどいないだろう。外食ならばなおさら、それがどれくらいのカロリーなのかもわからないのが現実。

ちなみに外食チェーンでは・・・
外食チェーン店のHPから代表的なメニューのカロリー表示を見てみると(これを書いている現時点で)、
牛丼の吉野家では、牛丼(並盛)669kcal、(アタマの大盛)752kcal、(大盛)929kcal。定食では、牛鮭定食732kcal、豚生姜定食607kcalなどといったところ。他の牛丼チェーン店もだいたいこんな感じだった。「なるべく安くて腹持ちが良いもの」というニーズを満たすラインナップだ。

一方、ハンバーガーチェーンの代表格としてマクドナルド。ビッグマック530kcal、ダブルチーズバーガー463kcal、フィレオフィッシュ341kcal、チーズバーガー310kcal、一番シンプルなハンバーガーが260kcalなどなど。サイトメニューのフライポテトはSサイズ232kcal、Mサイズ424kcal、チキンマックナゲットは5ケ入り263kcal。組み合わせ次第であっさり1,000kcal到達となるのだった。

そして和のトラッド食=おにぎり。具材によってそれぞれだけれど、コンビニで並んでいるのはどれもだいたい1個200kcal以下だ。白ごはんが100g=ほぼ170kcalなので、これに具を入れて180~200kcalといったところだ。おにぎりは手軽な感じがするので3ケぐらいはペロッといってしまう。あと少しおかずを加えれば1,000kcal近くはいってしまうのだろう。
白ごはん恐るべし。

-食べ物
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.