食べ物

久しぶりのたこ焼き

僕はそもそも何でも美味しく食べるタイプなのだが、久しぶりに「まずいなぁ」と感じるものに当たった。記念に書いておこうと思う。手短に。

まずかったよ

猫190522-1

某所にて。普段立ち寄らないディスカウントスーパー、その敷地内のテナントに一軒のたこ焼き屋が入っている。そのスーパーで買い物をした後、ちょうど小腹も空いていたこともあって「買っていこうかぁ」と思った次第。その店はおばさん一人で営業しているようで、焼いたたこ焼きはたこ焼き器で待機、注文を受けたら温めなおしというスタイル。まあそのスタイルが普通なのだと思うのだけれど、店によっては焼いたのを持ち帰りのプラ容器に移して保温させて注文待ちにしているところもある。僕は基本的にそんな「保温状態で待ち」のたこ焼き屋は二度目は無しにすることにしている。その点ではここの店はよかった。

その店はソースを何種類か選べるようになっていた。初めてなのでスタンダードなソースを注文。マヨネーズもかけてもらった。おばさんは焼き上がっているのをパックに入れて渡してくれた。8ケ入り350円。住んでいる地域で自分が知っている限り最安値だった。安っす~と思いながら、車を駐車場の空きエリアまで移動させて実食となった。

たこ焼きA-1

たこ焼きは「外カリカリ・中フワトロ」が美味しいと思うのだが、これは「外ふにゃふにゃ」の状態だった。そして中はほぼ生焼け。単純にこれでは焼き足らないだろう。

たこ焼きA-2

おばさんの好みの焼き加減なのか何なのか知らないが、中身が「生焼け」はダメ。気持ち悪いです。

 大型スーパーのたこ焼きで持ち直す 

その後、食材を買いに別のスーパーマーケットへ移動。全国チェーンの誰でも名前は知っているスーパーマーケット。夕刻前は午前中に作った惣菜に2~3割引きのシールが貼られているので、それ狙いで時々行くのだった。そこでいろいろな惣菜や弁当に交じってパック入りのたこ焼きが並んでいるのを発見した。これはもう「食べ比べだぁ」と思い購入。即、実食となった。

スーパーのたこ焼き

たこ焼きB-1

税込み定価で321円のところ、2割引きで257円。定価でも安いではないか。最初のたこ焼きが8ケに比べてこちらは10ケ入り。プラス、青のりと紅ショウガ入り。

たこ焼きB-2

食べる前に中身を開くと、とりあえずタコも入っているのを確認できた。

たこ焼きB-3

素材のほとんどは溶いた小麦粉で(キャベツは無し?)小さなタコ粒が入っている程度なのだけれど、冷めててもこちらの方が美味しかった。10ケ入り定価321円なら十分いいんじゃないか? 自分が住んでいる地域ではたこ焼き相場はだいたい一皿500円ぐらいだけれど、このスーパーの冷めたたこ焼きもコスパの良い間食という感じ。今までにスーパーでたこ焼きを買うことはなかったのだが、これからはちょくちょくリピートしてしまうかも。
それにしてもあのたこ焼き屋はダメだったなぁ。

 

おわり

 

 

-食べ物
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.