革靴

ウエストンゴルフの硬さストレッチャー完了

2回にわたってシューズストレッチャーで革伸ばしをした結果、靴と足の相性も良くなり、ようやくストレスなく履けるようになった。

今までにも書いていることだけれど、そもそも今回の革伸ばしは「右足の小指部分のこすれ」から来る痛みへの対処から始まっている。左足側は何も問題はないから、靴選びのサイズミスではなくて僕自身の左右の足サイズ違い(右足に比べて左足がやや大きい)に原因がある。それで最初のうちは革の柔軟化を目指して、それ用のオイルを塗っていたのだった。

関連:「 ウエストンゴルフの柔らか計画-2

オイルの効果自体はあった。指で押せば、それまでと比べて革が柔らかくなっているのを実感できた。そして履いてみると確かに最初のうちは「足当たりの感触」は良くなっていたのだけれど、小指がこすれ続けていることには変わりはなくて、1日履いていると途中から小指が痛み出した。オイル塗り以前のような「小指を刺すような痛み」は起こらなかったけれど問題は解決していない。それで根本的に靴の中の空間を拡げるべくシューズストレッチャーを使ってみることとなった。

20200723JMウエストンゴルフ黒-1

ウエストンゴルフ シューズストレッチャー後

結論から書けばシューズストレッチャーの効果は大で、最初からこれをやっとけば手っ取り早く対応ができたと思う。

シューズストレッチャーの使用内容

使用回数:2回(3日間×2)

注意点:伸ばす箇所は元には戻らないから、
    セッティング幅は慎重に行うこと

 

初めての使用だったので1回目のセットはどちらかというと様子見の意識の方が強く、拡張幅も弱めだったのだと思う。セットして3日間ほど置いてみてから履いてみると、革は伸びているのだけれど小指の根元あたりがまだまだ当たる。なので2回目のセット。メリメリという革の音を聞きながら設定幅はより広めに、期間は1回目と同じく3日間とした。

関連:「 シューズストレッチャーを使用する-2

そして2回目の3日間が終了。ピンポイント拡張パーツをつけていた箇所が浮き上がって型がやや崩れたけれど、これは仕方がないと納得ずくのことだった。

羽根の下あたりがポコンと飛び出している

20200723JMウエストンゴルフ黒-2

上から見たようす

20200723JMウエストンゴルフ黒-3

足を入れてみると「これでちょうど良い」という具合でピッタリだった。

20200723JMウエストンゴルフ黒-4

続いてシューレースを通してみた。甲を締めつけない程度の緩めにしておいた。

20200723JMウエストンゴルフ黒-5

サイズ感的にはスリッポンで履くぐらいで調度いいという印象。ゴルフをSLIP-ONで履くのは変なので紐は通さなければいけないけれど、それは「お飾り」程度の締めにしておいた方がいいだろうと思った。紐無しでちょうど良いのならば、もう少し広げてもいいのかもしれない。これから使っていくうちにどういう感じになっていくのか。とにかくゴルフ拡張計画はこれにて一先ず終了。なんとか快適に履けるようになって欲しいところ。

おわり

 

 

-革靴
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.