メジャーメーカー缶詰

いわし缶(オイルサーディン)を食べる

この間、海を見にいく途中のスーパーマーケットでまとめて買った3つのいわし缶。その中のひとつオイルサーディン缶を食べた。ちなみに3つのいわし缶とは、

 ・キョクヨーいわし味付生姜煮 98円
 ・ニッスイいわし梅煮しそ風味 198円
 ・はごろもオイルサーディンいわし油漬 298円

で、1缶の単価が100円ずつ違うものを選んだのだった。あくまで僕が買った時のスーパーでの値段で他の場所、タイミングで価格は変動するだろう。

はごろも&キングオスカー オイルサーディン

「キングオスカーブランド」をはごろもが輸入販売しているいわし缶で、そこにゴルゴ13とコラボした一品とのこと。ゴルゴ13のキャラは目立っていた。確かに僕も缶詰コーナーで目にして「どんなんかなぁ」と手を伸ばした次第。名前はゴルゴサーディン!

ゴルゴサーディン

ハゴロモオイルサーディン1

しかしまずもって、キングオスカーとは何ぞや? 有名なブランドなのか? とゴルゴ13と並んでいる肖像画を見ながら思った。缶の包装袋を開けると中にレシピの紙が入っていて、そこにキングオスカーの説明も書かれていた。要旨は、1902年にノルウェーとスウェーデンの統一王であるキングオスカー2世により許可を与えられて誕生したブランド、とのことで包装袋にも「BY SPECIAL ROYAL PERMISSION」と表記されている。製法は次のとおり守られたものとなっている。「1.ノルウェー近海で獲れたブリスリング種のイワシを使用」「2.そのイワシを樫の木のチップでスモーク」「3.一尾ずつ手詰めし、植物油に漬け込む伝統の製法」。

オスカーブランドの説明

ハゴロモオイルサーディン3

ちなみに1902年オスカーブランド誕生の前年、1901年にスウェーデンであのノーベル賞(創設1895年)最初の授与式が行われた。

缶とサーディンレシピ

ハゴロモオイルサーディン2

簡単レシピが6種類紹介されている

ハゴロモオイルサーディン4

ゴルゴ13コラボからも想像できるようにこの缶は「酒のアテ・おつまみ」。ごはんのおかず用ではありません。そもそも、オイル漬は白ごはんと相性良くないか・・・

製造国はポーランドとなっている

ハゴロモオイルサーディン5

開缶したところ。11尾入っていた

ハゴロモオイルサーディン6

いわしは世界中で食べられている魚でヨーロッパでも馴染み深い食材だろう。この缶の原材料は「いわし、大豆油、食塩」のみの表記となっていた。油漬なので重そうに見えるけれど重くない。どちらかといえばアッサリとした口当たりで楽に完食できた。印象はすごく上品な食感だったけれども、油漬というところに好みの差が出るかもしれない。そして総カロリーが411kcalもあって腹持ちがいい。ダイエット食としてもいけるかもしれない。

ごちそうさまでした。

はごろも ゴルゴサーディン
エネルギー411kcal 固形75g
内容尾数 8~14尾
たんぱく質15.9g 脂質38.5g 炭水化物0.1g 食塩相当量0.7g

 

 

-メジャーメーカー缶詰
-,

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.