食べ物

DHAとEPAの効果

今ではその名前はすっかり馴染みのものとなったDHAEPA。一般的なイメージは「血液サラサラ・血栓の予防・中性脂肪値を抑える」といったところが代表的なもので、体に良いといったプラスイメージの栄養素だ。おもに青魚(さんま、いわし、さばなど)に含まれているということで、青魚を摂りましょう!とTVの医療・健康番組などで推奨されているのも観たことがある。世間一般では、健康をイメージさせる栄養素の代表格といってもいいかもしれない。そんなDHAとEPAだけれど、自分の知識はぼんやりと「まあ、あれだ。とにかく成人病予防に良いみたい」といった程度のものなので、イメージ通りなのかどうかちょっとチェックしてみたのだった。

サプリメントなどの関連商品を製造販売している製薬・食品メーカーを始めとしてDHA・EPAの効能をうたったHPはいろいろあるけれど、ここは中立性の点から、「国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所」のサイトで確認することとした。
医薬基盤・健康・栄養研究所の「健康食品の安全性・有効性情報」の素材情報データベースが典拠。

DHA (ドコサヘキサエン酸)

 安全性 
要旨:適切に摂取する場合はおそらく安全。大量摂取の場合は危険性が示唆されていて、1日3 g以上の摂取で、凝血能が低下し出血しやすくなる可能性がある。

 有効性 
要旨:有効性が示唆されているのは「冠状動脈疾患のリスク低減」「加齢黄斑変性の予防」。

冠状動脈とは、心臓に酸素と栄養を送る動脈のことだ。ここでの疾患とは「心筋梗塞・狭心症」。そのリスクを低減する有効性が示唆されるというところから「血がサラサラ」と健康食品でPRされているのだろう。

EPA (エイコサペンタエン酸) 

 安全性 
要旨:DHAと同じく適切に摂取する場合はおそらく安全。しかしリスクも同じく、1日3 g以上の摂取で、凝血能が低下し出血しやすくなる可能性がある。

 有効性 
有効性が示唆されているのは「 冠状動脈疾患」などでDHAとよく似ている。

また、DHA・EPAそれぞれの有効性については「文献検索した有効性情報を抜粋したもので、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません」と素材データベースで注記されている。素材についての世界での臨床・治験の結果なので、新薬開発の治験と同じように個人差は当然あるのだ。

さて、一般的な食品でDHA・EPAを謳っているものは少しずつ増えてきているような印象がある。そんな場合「血液サラサラ」と商品に書いてあるのは決して根拠が無いわけじゃない、ぐらいの受け止めでいたい。普段の食生活で食べ過ぎていれば、いくらでも「血液ドロドロ」になるわけだし。なにごともベースの食事を適量にするのが先決だ。

その他の注意点としては、EPA、DHAを含む魚油では、有害事象としてげっぷ、吐き気、鼻血、軟便が報告されている。

より詳細を知る場合は、医薬基盤・健康・栄養研究所の「健康食品の安全性・有効性情報」素材情報データベースで確認しよう。

 

-食べ物
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.