車検+タイヤとバッテリー交換

車検に出していた車を受け取りにディーラーにいってきた。
3年前に新車で買ったので今回が初車検となる。メーカーはマツダで、マツダ車を買ったのは初めてのことだ。正式な車検証が交付されてディーラーに届いたら、その時に料金を支払うという流れだと営業担当者から説明を受けた。なので現時点では金額はわからないのだった。

車検

 

  車との付き合い歴 

18才(大学1年の夏)に自動車免許を取ってからいろいろ車に乗ってきたと思う。別に車が趣味でも何でもないので、これといったこだわりもなく特別にあれが欲しいと思った車もなかった。でも年齢とともに過去に乗った車の数も増えていったという次第だ。

本当に経済的にするなら1台の車を大切に長く乗るのがベストなのだろうけれど、適当な時期をみて乗り換えた。過去のある時期は、10万キロオーバーの車検切れ中古車ばかりを乗り換えていた時期もあった。昔からの寿命イメージなのか、心理的な数字からなのか、その頃は手入れ良く状態のいい車でも10万キロを超えていたら販売価格がかなり安く売られていた。そういった車を選んで新規車検をつけて30万円台で購入していた。その頃の平均的な車検料金(軽除く)の相場は15万円までで済んでいたので、2年まるまる車検期間のついた車を30万円台で買えたのはかなり格安に感じたものだった。そして2年乗るたびに次の10万キロオーバー車への乗り換えをする・・・そんな乗り方だった。思い起すと、一番お得だったのは20万円のトヨタマーク2か40万弱のトヨタウィンダム(レクサスの前身?)だろう。どちらも2年間トラブルなく快調に走ってくれた。

  一番の思い出となる車 

一番最初に乗った車は、今は亡き日産サニーだけれど、一番の思い出・お気に入りとなるとスズキジムニーになると思う。今のところはマイベストだ。乗っていたのは一つ前のモデルとなってしまったけれど、ジムニーに乗った時に感じる目線・視界の良さ。そして車体サイズのつかみ易さとか、運転席から見えるボンネットで前の長さやラインを見るところとかどれもが個性的なものとなっている。そしてエンジンオイル、フィルターやギア系オイルの定期的な管理が車には重要なことも教えてもらった気がする。また下取り価格が高いことにも驚いた記憶がある。さすが名車。

車検2

 今回の車検とは別のメンテナンス費用 

さて、今回、車検終了で車を受け取った時に整備の人から説明を受けた。それは車の維持として当然のことだけれど、次の2点の指摘だった。

 1.バッテリーが弱っているので気をつけてください
 2.タイヤのスリップサインが出ています。タイヤ交換を

タイヤは交換すべき時だと思っていたのでその予定なのだけれど、問題は車のタイヤがレアサイズなのでタイヤ料金が高いということだ。前もっていろんな販売店で見積もりを取っていたのだけれど、だいたいどこも4本で10万円オーバーの見積もりだった。かろうじて1つの店から9万8000円、もう一つの店から9万6000円の見積もり額の提示を受けた(税込み)。なので今日、最安値の9万6000円で注文を出した。
そしてもう一つの方はバッテリーだ。もう少し引っ張ってみようか悩むところだ。怖いのは、何といってもバッテリーの突然死。新品から36か月で、まあ換え時といえば換え時なのだけれど、適合バッテリーを調べねばなるまい・・・

車検料金(未定)+タイヤ料金 96,000円 +バッテリー料金(未定)と、ひょっとすると30万円コースかもしれないなぁ。ふうーっ。

おわり

 

 

-
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.