整備され続てきた中古車はお得

先月、走行距離9万5000キロオーバーの、しかし整備はきちんとされ続けていた車を購入した。2年車検付きでバッテリー、点火プラグ、ハブベアリング、必要消耗品類を新品に交換してもらって総額35万円(うち車体価格は19万円)なり。

マツダベリーサ1
走行10万キロ弱の中古車を買う

新車からちょうど4年乗った車を売って、乗り換えたのは10万キロ弱のコンパクトカー。 前車の燃料噴射(インジェクター部分)の不調からリコール(総交換)ということで、緊急的に探した車だけれど「なかなか良い ...

続きを見る

タイヤの溝もしっかり残っていて、これからしばらくの間は車の維持経費はガソリン代とオイル代だけで済ませられると思う。というかそうであって欲しい。田舎なので車無しというわけにもいかないから「車=生活必需品」の維持費は少ないほうがいいのだ。税負担が安いのは軽自動車だけれど、中古の軽は基本的に高いし、安い値段の中古軽はリスクが高そうで買うのは怖く感じる。中古車を買うなら1000~1500ccの一般車の方に「お買い得車」が多く隠れているような気がする。

さて、この車に買い替えてから生活車として近場をトコトコと走っていたのだが、週末にすこし遠距離を走らせてみることにした。帰りにガソリンを入れて「実燃費がどれぐらいになるのか」が知りたいところ。僕の車は10年落ちで、スペックは1500cc・4速A/T・重量1100k。この車の実燃費はネット上では、1Lあたり11~12kとなっているがマイカーの数値はどんなものになるのだろうか・・・

マツダベリーサの初ドライブ

家を出て山の方へ走ってみる。時速は60Kぐらいで燃費にやさしいのんびり走りで行く。

途中の田畑の水路沿いの道

202003独身中年ブログ-16

山あいの田んぼの風景1

202003独身中年ブログ-6

山あいの田んぼの風景2

202003独身中年ブログ-10

ところどころに農道が走っている

202003独身中年ブログ-5

近くに貯水池がありそこが今回の目的地だ。山を見やりながらアクセス路を走っていく。

202003独身中年ブログ-3

しばらくすると池が見えてきた

202003独身中年ブログ-8

この道はどこかへのショートカット路線なのか、ダンプカーが結構走っていた。池鑑賞用?の駐車場が出てきたのでそこに車を停めて写真を撮る。

思っていたより大きい池

202003独身中年ブログ-9

しばらく池を眺めていると、雲の動きも早くあやしい感じだったのでそろそろ引き返すことにした。

 実燃費計測 

走行距離は往復で約50kmぐらいだった。燃料も給油にちょうどいいぐらいの残量となっている。帰りの道中でセルフ式スタンドに寄ってガソリンを満タンに、いわゆる「満タン方式」で実燃費を測ってみた。結果は1Lあたり12kジャスト。初めての給油の時は11k(ほとんど市中の短距離使い)だったので燃費は1k伸びたことになる。ベリーサの平均実燃費とだいたい同じ数値ということで「個体差のハズレ」を買ったわけではなさそうだ。自分の経験上、中古車の場合、何らかの理由から無茶苦茶燃費の悪い車に当たってしまうことがある。内心、懸念していたものが晴れてくれてホッと一安心。10万キロ近く走ってきている車なので、次はワコーズのエンジン洗浄の添加剤でも入れてみることしようか。燃費向上に効果があればラッキーだ。

 

おわり

 

 

-
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.