新型コロナウイルス

新型コロナで暗い中、軽く散歩に出かける

新型コロナウイルスの拡大が止まらない。世界での感染者数は100万人を突破して、死者数も約6万人にまで増えてきている。

「ワールドメーターズ」のコロナウイルスCOVID-19のページ(世界の統計)。

4月になって桜も咲いて、気温も20度近くになってきているのだが、今年はそんな穏かな気分とは正反対の状況だ。ちょうど1年前の4月1日には新元号「令和」の発表があったのだがそれは遠い昔のことのように感じる。現在は国からの「緊急事態宣言」がいつ出るのか、待ちの状態。総理大臣も東京都知事も「緊急事態宣言」は出したくないという気配が濃厚で、出さずにだらだら対応するというケースもあるのかもしれない。大きな経済的損傷とトレードオフの関係なので躊躇するのもわかるのだが。

新型コロナウイルスでスポーツジムは自粛

自分の生活の変化といえば「手洗いを小まめにするようになったこと」が一番大きな変化で、幸いなことに自分の暮らす街とその周囲の隣接自治体からは感染者が出ていない。あと、会員になっているスポーツジムへ行く回数はぐっと減ってしまった。水泳のためのスポーツジム通いなのだけれど、ジムの更衣室は三密に近い環境になるのでなるべく避けるようにしている。

普段やっていた水泳の回数(距離数)をぐっと減らした結果、少し前から体重が増え始めている。身体全体にうっすらと脂肪がつき始めているので軽く散歩をすることにした。辺り一面に田んぼの緑が気持ち良い場所へ行っての、ぶらぶら歩き。

車もめったに通らない、のどかな所

202004独身中年ブログ-4

緑色が落ち着く

202004独身中年ブログ-5

これから何かを植えるのだろう

202004独身中年ブログ-3

ほぼ無風のこの日の気温は最高18度で、暑くもなく寒くもなくのぶらぶら散歩には良いコンディションだった。農道というのだろうか周りが田んぼの中の道を歩いていくと大き目の用水路が現れた。

202004独身中年ブログ-2

こういう雑木林の眺めも良いもので

202004独身中年ブログ-1

この雑木林の地点を折り返しにして、車のところまでまた来た道を戻っていった。やはり適度な運動は体の調子を良くしてくれるみたいで身体も温まった。トータル時間は1時間30分。

「アビガン」の治験スタート

新型コロナに対する治療薬として、転用を含めて候補薬がいくつか出てきている。候補薬はそれぞれの特徴を持つのだが、その中でも一番期待されているのがアビガンだと思う。その抗インフルエンザ薬ファビピラビル(アビガン)の治験(第3相臨床試験)がスタートした。目標症例数は96例とのことで変更がなければ6月末に治験終了の見通し。治験内容を解析後、速やかに承認申請の予定とのこと。アビガン自体は既に製造承認を得ている薬なので副作用の点についても既に知られている。このアビガンについての専門家の意見として、日本医事新報社の【識者の眼】 「COVID-19流行は緊急事態─今こそ、ファビピラビル(アビガン®)の使用を解禁すべき」が参考になった。既にアビガンは観察研究」の名目で治療に使われていて、その症例報告は日本感染症学会の「新型コロナウイルス感染症」のページで読むことができる。

 

おわり

 

 

-新型コロナウイルス
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.