新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの身近な影響

202003独身中年ブログ-2

新型コロナウイルスCOVID-19の国別発生件数データは、サイト「ワールドメーターズインフォ」のコロナウイルスのページでチェックしている。韓国の爆発的増加の他にもイタリアとイランでも発症件数が激増していて、そしてそれまで発生が少なかったヨーロッパでも件数が増えつつある。

今のところWHOはパンデミックと認めていないけれど、じわじわと世界中で感染拡大が続いている状態となっている。

通っているスポーツジムの対応

202003独身中年ブログ-1

愛知、千葉、静岡県でスポーツジムがらみの感染というケースがあって、僕が会員となっているスポーツジムでも2月末に対策の告知があった。

一般の風邪を含めてウイルス系は共通だと思うのだけれど「閉じられた空間では感染のリスクが高い」ということでの対応だった。政府からは「密室で人が集まる場所への参加はなるべく控えて」という注意喚起がなされているので、この3月はどうするかちょっと考えてしまう。僕が会員のジムの対応は「密閉空間でのレッスンの中止」というもので、

  • エアロビ等のクラスの3月中の休講

となった。ジムの出入口にはアルコール消毒液が設置されて「手洗いのお願い」の貼り紙が出されていた。僕の場合、ジムへは水泳のために通っていて筋トレ用のマシーンとかレッスンも利用したことはない。そのスイミングプール利用に関しては制限はなかったので今までどおり使っていいということだった。水泳については規制なし。注意すべきは更衣室・ロッカールームで、このスポーツジムから「ウイルス持ちの人」が出たとなれば多くの会員は健康観察対象になるのだろう。万が一、そういったことが発生してジムの利用時間が同じだった場合はやっかいだなぁというのが正直な気持ちだ。「いっそのことしばらくジムへ行くのは休むか?」という気持ちもちらちらとある。今のところ、僕の住んでいる地域とその周辺からは感染者は全く出ていないのだけれどどうしたものか・・・

日本感染症学会のサイト

この新型肺炎(COVID-19)に関しては最新の動きとして「日本感染症学会」のサイトが参考になる。そして3月2日付の症例報告として「COVID-19肺炎初期~中期にシクレソニド吸入を使用し改善した3例」がアップされた。既存のぜんそく治療薬のシクレソニド(商品名:オルベスコ)を3人の患者に対して使ったところ全員に効果有りという内容。ただし患者数が少ないので効果についての評価はこれからとのことだ。

世界各地でワクチン開発に取り組んでいるけれど完成にも相当の時間がかかるだろうから、このシクレソニドが多くの人に効果があると認められるのを願っている。そしてなによりも国内の新規感染が一日も早くおさまってほしい。

 

おわり

 

 

-新型コロナウイルス
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.