新型コロナウイルス

「緊急事態宣言」自粛効果の検証

4月7日に最初の「緊急事態宣言」が7都府県を対象に出された。そして16日にはその対象エリアを全国に拡大して、現在は5月6日までの自粛期間の最中となっている。新型コロナウイルスCOVID-19の最長潜伏期間はおよそ14日間とみなされているので、今が最初の自粛が始まってからちょうど自粛効果が現れる頃(14日経過)となった。効果がどれくらい効いているのか「政府は時期を3段階で検証する」というのを新聞で読んだ。現時点で報道されているのと合わせて、手短に確認用にまとめておこうと思う。

202004独身中年ブログ-12

「緊急事態宣言」第1段階の検証

4月22日。人同士の接触機会をさらに減らすために、政府の専門家会議で「人との接触を8割減らす、10のポイント」という方針が発表された。今までの「3つの密を避ける」ことに加えて、この10のポイントに努めていこうという内容だ。要旨は、

  • ビデオ通話によるオンライン帰省
  • スーパーは1人または少人数で、空いている時間に
  • ジョギングは少人数で、公園はすいた時間・場所を選ぶ
  • 急ぎではない買い物は通信販売で
  • 飲み会はオンラインで
  • 診療はオンラインなどによる遠隔診療で
  • 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  • 飲食は持ち帰りや宅配を利用すること
  • 仕事は在宅勤務で
  • 会話はマスクをつけて行うこと

これからの2週間はこれら10のポイントにより注意を払っていこうということ。

202004独身中年ブログ-11

「緊急事態宣言」第2段階の検証

「緊急事態宣言」を全国に拡大した4月16日から2週間後にあたる4月末に検証を想定。ゴールデンウイークを控えて一段の対応が必要かどうかを判断する。4月の1ヵ月間を通しての「PCR検査で陽性となった割合」「感染者が2倍になるまでのペース」「人の移動削減幅」等が検討されるとのこと。また、各都道府県の感染状況を分析・検証する。4月末になれば増加ペースが上昇している、ヨコヨコ状態、下降しているところと各都道府県で色分けが出てきていると思う。

202004独身中年ブログ-13

「緊急事態宣言」第3段階の検証

第3段階の検証はゴールデンウイーク中となる。諮問委員会の尾身茂会長は、「収束の検証は5月6日頃」の認識を示した。最善のケースは延長なしで5月6日過ぎで「緊急事態宣言は終了」だろう。それ以外では、状況が改善していない都道府県の緊急事態宣言の継続、その他地域は解除。悪いケースだと緊急事態宣言の継続(自粛期間の延長)、もありえる。

地域を分けての「部分解除」だと、また解除エリアへの人の移動が起こりかねないからリスクは高そうに思える。しかし現在の自粛を続けていけば長い大不況となって「経済的に立ちいかなくなって死ぬ人」はかなり増えるのではないだろうか。実際に死とまでは行かなくても、生活が無茶苦茶になってしまう人は激増するだろうから現在の自粛とのバランスが難しい。延長なしの緊急事態宣言で終わらせるために、これから5月6日までの自粛内容がとても大事だと自分にも言い聞かせる。

 

おわり

 

 

-新型コロナウイルス
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.