新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの情報源

ここ最近、ニュースは新型コロナウイルス一色といっていいぐらいになってしまっている。4月7日に特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が出されて、この週末(11、12日)は発令後初の週末となる。季節は春本番に向かうところだけれど「不要不急の外出は控える」ということなので、最も暗い春を過ごすこととなってしまった。

4月初頭の桜

202004独身中年ブログ-7

連日の新型コロナウイルスに関するニュースといえば「新たな感染確認に関する内容」「今日1日での新規感染数と累計の国内感染者数」が主な内容。日本の場合、空港を除いて基本は「発症が疑われる人にPCR検査をする → 陽性だったら濃厚接触者も検査」という手順なので、実際の感染者がどれだけいるかはわからない。現在の新規感染確認者はだいたい2週間前に感染していると想定すると、「緊急事態宣言」の効果が判明してくるのは4月下旬あたりからとなる。そのあたりで新規感染者数が下降してくれれば、自粛効果はあったと考えてもいいのだろう。ヨーロッパのように経済を止めるというのではなくて「低速でも経済活動は進める」というのが日本式。個人的には、その4月下旬までは新規感染者数がぐいぐい増えてくるのは仕方がないことと思っている(実質的に抑え込み対策は打たなかったのだから)。これから重視すべきなのは重症化と死亡者数(率)。

新型コロナウイルスの情報源

この新型コロナウイルスCOVID-19について、普段チェックしているところをメモしておこうと思う(NHKと新聞除く)。

 日本医事新報社

 医学系雑誌・書籍の出版社サイト。サイトには、新型コロナウイルス関連コメント特設ページというのが設けられていて、専門家の方々が寄稿されている。僕のような一般人には大変参考になる。また、アビガン開発者の白木公康教授も何本か書かれていてそういったものを読めるのも貴重。

 日本感染症学会

 感染症に関わる調査・研究を行っている学術団体で、感染症専門医の認定も行っているとのこと。こちらのサイトでは、新型コロナウイルスへの最前線の対応と症例報告を読むことができる。

この上記の2つ以外では、国の主要機関として「国立国際医療研究センター」と「国立感染症研究所」。こちらも何か新しい動きはないか、時々チェックしている。

202004独身中年ブログ-6

ファビピラビル(アビガン)について

現在のところ最速実用化の抗ウイルス薬として期待されているのがアビガンだと思う。アビガンは「富士フィルム富山化学株式会社」が開発し承認を受けているから、そのページでアビガン錠添付文書を読めば内容について知ることができる。「妊婦さんには使えない」「男性も注意」とかいわれているけれど、そういったリスク等についても添付文書で正確な情報を確認できる。

 ● 「アビガン錠に関する情報」富士フィルム富山化学

そして2月17日に開催された政府の「国際感染症緊急事態への国際貢献に係る専門委員会(第1回:令和2年2月17日)」の会議で配布された資料3-3。

 ● ファビピラビルのCOVID-19肺炎患者への使用について(資料3-3)


 

NHKまとめによると、4月11日午前10時半時点で死者数120人、重症117人となっている。

 

 

-新型コロナウイルス
-

Copyright© パンがなければ , 2020 All Rights Reserved.